自分で輸入する場合と代行サービスを利用する場合の比較

化粧品を自分で輸入する

輸入した化粧品に関する手続きや、表示を自分で行う必要があります。なので、その作業に伴う時間と労力を消費してしまいます。ですが、代行業者に仲介手数料などを支払う必要がないので、コスト的には得をするでしょう。

代行サービスを利用する

代行サービスを利用することで、面倒な手続きや薬事法に沿った表示などを全て行ってくれます。なので、薬事法に関する知識がなくても簡単に輸入することができます。その分多少の手数料が代行業者に取られてしまいます。

個人でも利用可能

化粧品の輸入代行サービスは、海外から化粧品を輸入して販売する法人向けのサービスとなっています。ですが、個人で海外化粧品を仕入れる時にも利用することができます。自分が利用する分を輸入することも可能ということになります。

化粧品輸入にかかる費用

  • 成分チェック費
  • 化粧品製造販売届出作成費
  • 通関諸費用

化粧品輸入代行とは?流れや仕組みを知ろう

メイクアップ

化粧品輸入の流れ

これまで化粧品輸入代行サービスについて解説してきましたが、実際にどのような流れで行われるのか想像がつかないでしょう。なので、ここから化粧品輸入の流れについて紹介していきます。初めは利用する業者選びから始まります。化粧品輸入代行を行っている業者はたくさんあるので、その中から自分が利用する業者を選びます。

打ち合わせ

利用する業者が決まったら、次は問い合わせをします。電話やメールなどで、輸入代行サービスを利用したい旨を伝えます。そうすると、業者から打ち合わせの日程を相談されるでしょう。自分と業者の都合の合う日を選ぶようにしましょう。打ち合わせでは、どのような取引を行うのか詳しく話し合いましょう。

薬事法へ適合しているか調査

日本の薬事法に適合している化粧品でないと、販売することができません。なので、薬事法に適合しているか成分を調査します。成分を調査し、確認することができたら、国へ届け出を出します。その後輸入が始まります。

納品

薬事法に関する手続きが完了すると、次は輸入に関する手続きを行います。それが完了すると、実際に輸入して検品が行われます。特に問題がなければ商品をお客さんへと届けて化粧品輸入は終了となります。

化粧品輸入に関する口コミ

素早い対応に感謝

海外で流行っているコスメを日本でも販売したく化粧品輸入代行を利用しました。流行り物は速度がとても大事ですが、素早い対応をしてくれたので、とても感謝しています。おかげで他より早く販売することができました。

手続きを簡略化

化粧品を輸入する時は、薬事法など面倒な手続きがたくさんあります。そういった点を代行してくれるサービスがあると知り、すぐに利用しました。会社として初めての化粧品輸入でしたが、おかげさまで簡単に輸入することができました。

手数料が安い

これまで手数料がネックで輸入代行の利用をためらっていました。ですが、手数料が安いところを見つけて、お試し感覚で利用してみました。手数料が安いからといって対応が悪いということもなかったです。また機会があれば利用したいです。

分からない点を詳しく教えてくれた

これまで輸入代行を使ったことがありませんでした。また、薬事法に関する知識もありませんでした。なので、疑問に思うことがたくさんありましたが、担当者の方がとても丁寧に説明してくれたおかげで流れや手続きについて理解することができました。ありがとうございました。

小ロットでも対応してくれた

大手とは違い小ロットでも注文をしました。ですが、嫌な顔ひとつせず対応してくれたので、とても好感度が高かったです。前利用した業者が、小ロットだからか雑な対応でした。これからはこちらを利用させていただきます。

広告募集中